オフィス

役割分担を明確にする

オフィス

計画に沿って実施する

企業における監査にもいろいろあります。企業が独自に内部統制の状況を確認するのが内部監査です。項目としては業務と会計の他に経営幹部特に社長の特命事項を行います。特命事項には経営監査が行われることが多くなっています。最近は企業の活動範囲がグローバルになっているのでかいがいの業務についても対応しなければなりません。また、連結決算のための子会社についても手薄な子会社に対しては対応する必要があります。したがって近年は内部監査の人員が増加する傾向が顕著となっています。一方企業の監査役は取締役の業務執行状況を監督することになります。社内だけではコンプライアンスが守れない懸念があるため社外の人材を置かなければなりません。

連携が重要

企業は四半期ごとに決算を行って株主に対して報告することが必要になっています。上場企業では証券取引所で報告を行います。決算書類については外部の会計監査人のチェックを受ける必要があります。一般的に会計事務所に依頼をしますが、会計事務所では決算時期の他にも企業の活動状況をチェックしています。したがって社内と社外の監査を行う主体が複数存在をしているので関係者間での連携が重要です。情報の共有化を図ることによって効率的で実のある監査が出来るようになります。お互いの役割は異なりますが、チェックする書類は重なるものが多いので情報の共有化は重要です。モノ言う株主が増加していますので事前に問題が発生しないように内部統制を確認することが重要になっています。