オフィス

印鑑を作るなら

印鑑

実印とは住民の登録をしている行政役所に、自分の戸籍上の姓である名前を彫った印鑑を登録するために申請して書類が確認された印鑑です。実印に形でも、書類の申請である登録をしていないものは含まれません。役所に登録して手続きを確認することで社会で使える実印となります。実印は印鑑の中では大事な印鑑であり、法律の権利と責任の義務があります。実印は自分の名前を守るために銀行で使う印など、他の印鑑との使用を避けることで家族と一緒に安心して使うことができます。捺印する場合には書類の中身を慎重に読むことが大切です。実印は姓と名前の両方を明記する方が、公正証書の作成や契約書と法律上の手続きの取り扱いに安全性が高くなります。

注意すべき点は本人が契約を行う代わりに、代理人で委任状に委任内容を細かく明記することで越権乱用を防ぐことができます。委任内容を代理人に悪用される可能性を防ぐと同様に、委任内容などが書換えの危険性から守れます。また、印鑑は友人にも貸さない預けないことが重要です。家族が友人に騙される可能性もあるからです。いくら信用する関係でも丁寧にお断りすることが大切です。また銀行の口座振替をする場合に書面と信用で、悪用される可能性が少ないです。そのため普段使用して押印している実印の意味を理解して、書類内容や担当者に不安があれば契約書に実印をしないことです。訂正する箇所があれば慎重に検討をして実印をすることが大切です。